2008年05月17日

今日の岐登牛山

快晴、昼頃、東の空がみるみる暗くなり、雷鳴がきこえた。20℃近くまで気温は上昇。
 エゾハルゼミのうるさい声が聞こえるようになってきた。キビタキの甲高い大きな囀りが林の中を響き渡る。


花粉の時期が済んだようで、空気が澄んだような気配がする。


エゾハルゼミ、若々しい色合い。


ニリンソウ、雪深い場所では今が盛り。


山中の生活は大変厳しいものなのだろう、しっぽを捨てて間のないニホンカナヘビ


カツオゾウムシというらしい。体型がカツオの流線型だからか、それとも、鰹節みたいだからか。似合わず敏捷で、無造作に近づくと飛んで逃げた。


キツツキならぬツチツツキ、ほんとうは根っこを突っついている。近くに♂がいる、ヤマゲラ。
posted by take_it_easy at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 岐登牛山