2008年05月16日

嵐山で見たもの

 午後、嵐山へ。この嵐山は旭川市の西方にある標高253m、近くを流れる石狩川からの標高差150m余の散歩にほどよい山です。裾から中腹にかけて北邦植物園があり、石狩川に沿っては急勾配で、その中をJR函館本線嵐山トンネルが通っている。見晴らしよく、その昔には要塞になったところ。


石狩川沿いのサイクリングロード沿いの斜面一面がシャクに覆われている。


サイクリングロードから離れて山道にはいると、オオヤマフスマなどが咲いている。


コメガヤもある。


ニュウナイスズメもいる。


忠別川(向かって右)が石狩川に合流する。右奥にオプタテシケ 嵐山展望台(頂上)からの展望


東川方面、中央奥に岐登牛山、その奥に大雪連峰。旭川市街を越えて、嵐山展望台(頂上)からの展望
posted by take_it_easy at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 東川近郊の低山

きょうのキトウシ山

晴れ、20℃近くまで上がり、汗ばむくらい。
 はっきりした日光が入り、新緑がひときわまぶしい。


キャンプ場がシャープに見える。


イタヤカエデの花を見つめていると、その木にハシブトガラが飛んできた。花をちぎり、子房のあたりを啄んでいた。


オドリコソウの花の中、おしべとめしべが上の花弁の裏側にくっついている。正面から見ると空っぽの花。


クルマバツクバネソウ、これも変わった花だ。


ナツハゼの葉


春紅葉と言うそうだ、ナツハゼの赤
posted by take_it_easy at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山