2008年04月23日

春、盛り合わせ:岐登牛山

快晴→薄曇り、きょうも25℃近くまで上がった。最低は4℃、日較差20℃。
 山の中は急ぎ足で移ろいで行く。のろいのはニンゲンの歩みだけ。
 サクラが咲いた、オクエゾサイシンが咲いた、レンプクソウが咲いた、オオタチツボスミレが咲いた、との情報。わたしはまだ見ていない、残念。一歩先を越された、のはいいのだけれど、それを確認するためには歩きまわって、目が回りそう。その情報は帰りがけに聞いたので、明日の楽しみにしておく。明日から天気が変わるとか。生き物たちも調子が狂う、きっと。
 カタクリは結実に向かい、花びらは急速に色あせている。エゾエンゴサクにも莢を着けた個体が増えてきた。


セイヨウミツバチは正面から突っ込んでいる。


アカマルハナバチも正面から


ゴジュウカラ、小柄な割に大きな声でさえずる。


よくみると変な花だ。花びらもがくも見当たらないけど、おしべが3本(葯ふたつ)、めしべが1個、ちゃんとある。ヒトリシズカ


結実しつつあるカタクリ、しおれ、脱落した花びら1枚、おしべが1本、クモの糸に繋がれで風にたなびく。


カタクリハムシ、カタクリの葉の上ではないけれど。


エゾスジグロシロチョウにも春、外が♂、内が♀、飛ぶときは♀はぶら下がり、♂は必死にはばたく。双方同時にやったら収拾つかん。
posted by take_it_easy at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山