2008年04月22日

春が襲来:岐登牛山

快晴、maxは25℃超、ついに夏日に突入。
 カタクリがいっぱい咲いており、オクエゾサイシンも萌芽している。でもヒメギフチョウはいない(みつからない)。
 エゾヤマザクラのつぼみはふくらんできた。
 ヒトリシズカが咲き出した(花穂を抽出してきた)。ヤドリギはよく見ないと判らんがたしかに咲いている。オオバナノエンレイソウは過ぎゆくカタクリやエゾエンゴサクを従えて、「わたしの季節」を謳っているよう。
 シマヘビは道で長々と寝そべっている。あやうく踏みそうだった。エゾオオマルハナバチもエゾエンゴサクの距に穴を開けて蜜を吸っている。
 山の中は一日一日賑やかさが増している。春が襲来してきたかのように。


オクエゾサイシン、壺のふたが閉じられている、いかにもツボミ


一つ一つの花の状態を見逃した。


ヤドリギの雌花


オオバナノエンレイソウ、舞台の主人公のように見えた、移ろい。


エゾオオマルハナバチ、花の正面から突っ込むより、この体勢のほうが楽なんだろう。目撃では距に穴を開けるほうが多いようだった。正面から口吻を突っ込んだとき、内側の2枚の花弁が割れて、花粉が弾けた、エゾオオマルハナバチは驚いた様子で、2本の前足を使って頭部をぬぐっていた(ようにみえた)。


シマヘビ、殻をぬいできて間がないように艶やかだった。
posted by take_it_easy at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山