2008年04月17日

旭岳春スキー

朝は霧、日中は快晴、山でも快晴、風弱し、雪は腐って、晩春の山みたい。アメダス東川では17℃まで上がり、自分の温度計では旭岳天女が原付近で14℃くらいを指した。
 ゴンドラには多いときでも10人足らずしか乗り合わせなかった。雪は腐っているけれども、コースは整備されているので大変滑りやすい。天女が原付近でコースを離れ、雪を溶かした。雪というよりシャーベットで、詰めた雪の量と出来た水の量とがほぼ同じ。熱いコーヒーより冷たいコーヒーを飲みたい気分であった。
 帰り、忠別湖右岸にある導水管横の草地に2頭のエゾシカがいた。そこの草が美味いのか、逃げる様子はなかった。もちろんじっとこちらを見つめてはいたけれど。





posted by take_it_easy at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 大雪山