2008年04月06日

エゾエンゴサク咲く

 曇りのち晴のち曇り、最高気温は+10℃を超えた。
 エゾエンゴサクが咲き始めた。開花した花はまだ少しだが、つぼみが伸びきっている花はだいぶ増えている。カタクリのつぼみもだいぶふくらんで、花の色らしく色づいてきている。フクジュソウは花をつけた茎が伸び、葉が展開してきた。
 東川町の広報誌で、「これらの植物を自然ガイドは『スプリングエフェメラル』(春のはかない命)と呼んでいます。」と解説している。ロマンティックだなあ。そうなんだけれども、この植物たちは、すごく上手に立ち回っている。周りとの競合がないうちに光を受け、子孫を残し、自らは地下に栄養分を蓄えて、確実に生きのびる。




エゾマイマイは枯葉の下で、まだ動き出す気配なし。


展望閣から上は雪が残って歩きにくいところがある。


オオハンゴンソウ、特定外来生物に指定されちゃって、肩身の狭い想いをしている?
posted by take_it_easy at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山