2008年03月18日

岐登牛山、春の息吹

 キトウシ山中に居る間はくもり、駐車場に降りてきて晴れてきた。予報通りかな。19時の観測値から氷点下になった。
 下の駐車場からゴーカートコースを横切って展望閣へ、そこから小ピークを巻き、林間を頂上に向けてほぼ直登。スキーコースはまだまだ快調。ゴーカートコースの上では、木々の株元が開いてきて、野の草や小灌木は雪の圧迫から解放されて、立ち上がり始めている。緑を保って越冬する種類が結構あるんだなあ。見え始めた地面でヒガラが何かを啄んでいる。


クルマバソウ、昨春の花茎は枯れている。葉序の下の茎は立ち上がっている。よくも折れることなく。


多分、イチヤクソウ。ロゼットが越冬の姿としては安心してみていられるものだ。


ナニワズ、つぼみは昨秋には準備完了。
posted by take_it_easy at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山