2008年02月09日

三角山

快晴、きょうの最高気温はマイナス0.8℃、惜しかった、もうすこしで真冬日脱出だった、でも、本音はもう少し続いて欲しい。
岐登牛山から見ると三角形の、東旭川の豊田地区にある山、三角山(標高362m、標高差150mほど)に行った。北西側の林道豊田線から入って、どなたかのログハウス(冬期間は不在?)の手前から傾斜に沿って登って行った。頂上付近は大きな岩塊が(岐登牛山南端展望台付近と同じように)露出し、立ち並び、狭い、がたがたの頂稜。で、手前でスキーをデポした。頂稜北西端で南側から登ってきたスノーシューの三人連れが休んでいた。わたしは中程まで進んでインスタントコーヒーを飲んだ。南東端のほうから人の声が聞こえた。くだりは、ほぼ快適であった。帰路の途中、南側の入山口で先ほどの三人連れと会った。そこに、DAISETSUZAN NATURE GUIDEさんの車があった。頂上で聞こえた声の主は彼らであったか。


車止めから


車止めの農家が飼っている?たくましいドサンコ。5〜6頭いた。


もうすぐ頂稜


頂稜付近


帰路、林道わきのアズキナシにキレンジャクの群れ


南側の入山口から見上げる


頂稜の様子


岐登牛山からみた三角山 20070913
posted by take_it_easy at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東川近郊の低山