2008年01月21日

きょうの岐登牛

このあたりだけ晴れ、旭川方面や大雪山は雪雲の中
スキー場は近隣の小学生たちの学校になって賑わっている。
山中では、動物たちは昼寝の最中か。


エゾリスが右から左へ駆け抜けた。


雪の帽子をかぶったカラマツの松ぼっくり


シラカバが右へならえ
posted by take_it_easy at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山

2008年01月20日

今日の岐登牛

雪、一時晴
朝の気温は、きのうより15℃くらい高く、マイナス10℃前後、夜中より朝の方が気温は高い。昨日の朝から今日の昼頃までじわりと上昇を続けた。つまり、昨日の最高がいま(午後4時ころ)のところきょうの最低気温ということだ。
スキー場の駐車場に車を置いて、ぶらぶらとつぼ足で山中へ。スキー場は賑わい、山中は、ひともとりもけものもいない。いや、降雪で気配が消されただけかもしれないが。友人が向かった道東の天気、崩れなければよいが。


神殿跡小ピークからの展望
posted by take_it_easy at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山

2008年01月19日

けあらし

きょうの最低気温はマイナス25.2℃、最高気温はマイナス14.0℃(アメダス)、撮影した10時頃は、マイナス22℃くらい。今冬いちばんの冷え込み。なんだか嬉しくなってくる。
この時間でも忠別川では「けあらし」が残り、河川敷の木々や枯れ草は霧氷に包まれた。
京都から友人が来訪、せっかくの冬、この寒気を気に入った様子、熱いみそラーメンをすすって、満足。そのラーメン店で、去年の職場の知人一家と遭遇、TVを見てわざわざ来たのだとか。


東神橋から上流方面


道路脇の栗の木も


東川町郊外の水田越しに


岐登牛山ではエゾユキウサギがついさっき走り抜けた足跡
posted by take_it_easy at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 忠別川

2008年01月18日

暮れゆく幌内山地

一日中晴れ、岐登牛山の上空は快晴、西日を撮った午後3時のアメダスではマイナス11℃程度。
風がないので、それほど寒さを感じない。

市街地の西端から南西方向、旭川空港方面、上川と空知の境、幌内山地の山並みが暮れなずむ。
この山地の向こうは赤平や歌志内、芦別などの産炭地
posted by take_it_easy at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東川歳時記

2008年01月17日

きょうの旭岳

快晴のち小雪
忠別湖から旭岳温泉に向かうわずかの間に、山の姿は閉ざされた。




肉眼ではこんなには見えない。デジカメの威力だ。


第二天女が原あたりの積雪深は約2m、雪温は約マイナス10℃だった。風が無く穏やか。

posted by take_it_easy at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大雪山

寒中の大雪旭岳源水

いつもは混み合って、水汲み場の全貌を、人を入れずに撮ることができなかった。きょうは珍しく、隙間があった。
シールを付けて源水まで行った。意外なことに、少なくともここ数日は人の歩いた気配がなかった。
源水から戻ると、水汲み場は普通に賑わっていた。




寒中も源水は迸る。


ピウケナイ川上流方面、ピウケナイ橋から。まもなく氷と雪で塞がりそう。
posted by take_it_easy at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大雪旭岳源水

2008年01月16日

つららの行列

雪のち晴れ
折板の屋根から下がるつららの行列、落ちるところをみてみたい。この下は人が入れるようなところではありませんのでご安心を。

posted by take_it_easy at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東川歳時記